Read Article

三重・伊賀の里モクモク手作りファームへ その3

3月の三連休を利用して、三重県伊賀にある「モクモクファーム」へ行ってきました♪
前回の記事はこちら↓
三重・伊賀の里モクモク手作りファームへ その1
三重・伊賀の里モクモク手作りファームへ その2


「PAPAビアレストラン」120分、いや180分待ちを乗り越え、いざバイキング!
moku-a※お写真HPよりお借りしています。
店内は外と違って、ほど良い温度。食事を終えて出てくる人が「暑い」と話しているのを聞いて、ちょっと気にしていたのですがそれほどでも無くて。子供の騒々しさも無かったので、ちょっと安心して席につきました。


テーブル担当の方が、バイキングの利用方法について案内してくれます。バイキングは時間制限なし。木のトレイに好きなだけ頂けます。食べた後の食器は自分でお片付け。お会計前にレジ横にある「くるくるコインBOX」にぐるぐるコインを入れて、お会計です。

moku31「くるくるコイン」とは1人分の食器の片付けにかかるお金(およそ10円)をモクモクから子供たちへの食育や地域活動、自然を守る環境活動へと寄付するという目的で行われています。そういった活動に生かされているのは良い事ですよね。食器を片づけるくらい簡単な事なので、少しでもお役に立ててるのかな、と思うと気持ち良いです☆

そして、地ビールなどのアルコール類やジュース等は、係の方に伝票に記入してもらいます。ちなみに、お茶(ほうじ茶)・コーヒー等は無料で置いていますのでご安心を。


ようやくお連れさんと交代で席を立ち、バイキングのブースへ。
moku-b※お写真HPよりお借りしています。
モクモク自慢のハム工房で作られたあらびきウインナーやベーコン、地元の新鮮なお野菜で作られたサラダやお惣菜。小麦工房の焼き立てパン。三重県産大豆を使った風味豊かなお豆腐など、迷ってしまうくらい。たくさんのお料理が並びます。もちろん、カレーやミネストローネなどスープ類もありますよ~。


私が欲張って、トレイに乗せてみた結果w
moku33時計回りに
・黒糖パン・ドライフルーツ?のパンにゆずジャムを乗せて
・椎茸てんぷら、野菜のかきあげ(抹茶塩)
・水菜と海苔のサラダ・パプリカ・おからサラダ
・もち米シューマイ・ひじき・ポテトサラダ
・ソーセージ3種・田舎コロッケ
・ハム2種・ベーコン・ジェノベーゼパスタ
・ピザ
中央・イカと葱のぬた和え・葱の味噌和え

何度も取りに行けそうになかったので、めいいっぱい乗せちゃったw
ジェノベーゼと田舎コロッケが美味しかったです。
お野菜のお惣菜も気に入りました!お肉を使ったお料理は少なかったですね。あえてお野菜中心のお料理を選んだのもあったけど。ソーセージやベーコンがその役割を果たしたかな?

ちなみに、奥に見えるグラスには「特製ほうじ茶」が入ってます♪このほうじ茶、なかなか美味しかったです。先日宇治で買ったほうじ茶に負けず劣らず。濃ゆめのお茶でした。


そして、お決まりのスイーツがこちら。
お連れさんとの2人分ですw
moku32・パンナコッタ・クグロフ・かぼちゃのドーナツ
・あげパン・かるかん・金時小豆のようかん
奥にはプチトマトと田舎コロッケ&黒糖パン(リピート)w
田舎コロッケは揚げたてで、ホント美味しくて。後で知ったのですが、焼豚専門館に1個120円で販売されていたんです。大きさは解らないですが、ちょっぴり得した気分w

スイーツは全般甘すぎず、自然の甘みを活かしたものが多かったかな?シフォンケーキやいちごのスイーツが無くて、ちょっと残念でした。。。スイーツ好きの人には寂しいかも。とはいえ、かなりのボリュームで大満足♪それに、新鮮なお野菜が頂けて1944円なら納得ですね。

ただ待ち時間が長い事がネック。お席の時間制限が無いので、こういった感じなんでしょうね。満席が続くようなら、少しは考えていただきたいところです。ずっと食べ続ける人もいたりしてw

兎にも角にも、自然食を頂けたと言う事で幸せでした~♪続きは次の記事で。
三重・伊賀の里モクモク手作りファームへ その4

伊賀の里モクモク手作りファーム
所在地:三重県伊賀市西湯舟3609
時間:10時00分~16時30分
三重県伊賀市西湯舟3609
http://www.moku-moku.com/farm/access.html

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top