Read Article

ル・プチメック大丸京都店

今年6月にリニューアルした、大丸京都の地下ごちそうパラダイス「ターブル・プリュス」。GANORIをはじめ、さまざまな新規店舗がオープンしました!その中でも一番の人気で行列を作っていた「ル・プチメック」さん。オープン後から行列が多くて、なかなか行く機会もなく・・・。もうそろそろ行列も大丈夫かな?と思い、先日立ち寄ってみました。
puti1「ル・プチメック」は大丸店の他に、京都2店舗・東京1店舗と出店しています。常連さんの間では、今出川店が赤メック・御池店が黒メック・新宿マルイ店が緑メックと、お店の内装や雰囲気でそう呼ばれているみたい。今回の大丸は何メックなんだろう☆

私は以前黒メックに行った事があって。店舗は烏丸御池から西へいった、マンションの一階にあるんです。以前ご紹介した御金神社の近くでもあります。奥まった場所なので、このお店もなかなか見つかりにくい場所。私はウォーキングの途中で見つけましたが、ぶらぶら歩いて探すのも楽しいですよ♪

黒一色で装った御池店は、高級なブーランジェリーのイメージ。お値段もそれに見合った感じかな?他の一般的な手作りパン屋さんより少しお高めの値段設定かも。でも、それだけのパフォーマンスはされてると思います。パンの種類はハード系。ワインとも合いそうなパンが並びます。御池店はそんな雰囲気でしたが、今回の大丸店は少しスイーツ寄り?なのか、ドーナツやベーグルがたくさん陳列しています。
puti2ベーグル好きな私にとっては、嬉しい限り♪覚えている限りで、ベーグルはプレーン・チョコ・チョコチップ・レーズンシナモン・白いちじくとクルミ・キャラメルチップ・白チョコとオレンジ等。ドーナツはプレーン・ココナッツチョコ・マンゴー・バナナ・カシス・フランボワーズ等。いっぱいありすぎて覚えられない(笑)ドーナツは色合いがキレイでしたね☆

来店時間は平日13時半くらい。イートインに数人のお客様。パンを眺めている人はいませんでした。おかげでゆっくりパンを見られて良かったです♪私が選んでいたら、またお客様が増え始めましたけど(笑)

選んだのがベーグル3つと、ハード系のパン1つ。1つが200円前後するので普通のベーグルに比べると、ちょっとお高めですね。それだけ期待値はあがります♪
puti4手提げ袋は、なんてことない茶の紙袋にお店の印字。フランスのマルシェのイメージでしょうか?シンプルな感じですね~。


さてさて、お味の感想です。まずはベーグルから。


手前:ショコラ¥226(税込) 奥プレーン¥194(税込)
puti5プレーン:もっちりとしていて、ベーグルらしいベーグル。弾力があって、それでいて硬すぎず、柔らか過ぎず。小麦の甘みは抑えめで、あっさりしている印象。上品なベーグルといった感じかな?


ショコラ:カカオの薫る生地に、ビターチョコが入っています。甘すぎない美味しさでミルクに合うかも。


手前:白チョコとオレンジ¥226(税込)※奥はプレーン
puti6オレンジピールが効いてます。ホワイトチョコの甘さとオレンジの酸味が上手く調和していて。食べた後にさわやかな風味が漂います。コレ美味しい♪


最後に、以前からのお気に入り。柚子と栗のパン¥313(税込)
puti7柚子のとってもいい香り。ハード系で表面硬めだけど、中はもっちりで。噛みしめる度に、柑橘系のほろにがい味が。そこへ栗のホッとした甘さが加わり美味しいです。一度に全部は食べきれないので、少しずつ切り分けて食べる方が良いかも。顎が弱い私は、パンの弾力に注意しながら食べました(笑)


全体的にグレード高め。正直、美味しいです♪ベーグルは1個食べるとお腹がいっぱいになるので、ちょこっとずつ食べると良いかな。冷ケースに入っていたお惣菜系のベーグルサンドが、半分のサイズだった理由も頷けました。そちらも美味しそうだったのですが、400円以上していたのでランチにいいかもですね。

他にのドーナツ等、いろいろ種類があったので、また次の機会に試したいと思っています。あと、基本はハード系のパンが中心のお店だと思うので、ハード系を多めにしてほしいかなぁ。ターゲットが大人なら、そこを押してもらってもいいような気もします。大丸店内の他店との差別化を計る意味でも☆

オシャレな大人の雰囲気のル・プチメック。今後も路面店が増えるといいな♪

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top