Read Article

秋のゆるりさんぽ 宇治・平等院鳳凰堂

uji4だんだんと朝夕が肌寒くなってきた、この頃。帰宅途中も羽織ものが必要になってきて。いよいよ秋本番ですね~。紅葉にはまだ早いけど、宇治方面へちょこっとお出掛けしてみました。


今回は京阪電車を利用。宇治方面へ向かうのは学生の時以来で。正直、宇治駅の変貌ぶりには驚きました。
uji11uji1過去に訪れた時には『小さな駅』といった印象だったのですが、現在はコンクリート打ちっぱなしのスタイリッシュな駅に変わっていました。京阪電車は車両もそうだけど、観光主要駅には力を入れてるんでしょうか?ゆったりとした気分になれます。

当日は3連休の中日だったのに関わらず、何故か駅利用客がまばら。静かな駅の様子に、この後訪れる予定の「平等院鳳凰堂」が拝観出来ないのかも?と少し心配になるくらいでした。


そんな思いを抱えながら、宇治駅を後に。
駅のすぐ隣には「宇治川」が流れており、趣のある「宇治橋」が掛かっています。
uji2柳の葉がゆらゆらと。雰囲気がありますね~。


宇治橋の隣には紫式部の像が。
uji3云わずと知れた、源氏物語の作者。源氏物語には宇治十帖というお話があって、それは切ない恋物語なんですよ~。私は大和和紀先生の「あさきゆめみし」で知ったんですけどね。興味の有る方は読んでみて下さい。


平等院への参道には、たくさんのお店が。この辺りにくると観光客も増えてきました。
uji8uji9有名な福寿園さんです。お抹茶を扱ったお菓子・茶そば等がたくさん並んでいますね~。他にも京都駅にもある「中村籐吉」さんや、「伊籐久右衛門」さんのお店が。休憩がてら、ゆっくりと出来る甘味処も。和スイーツや茶そば等頂けるようになってました。


そんな誘惑に惑わされながら、いよいよ平等院へ。
uji5

10円玉の表に刻印されている、あの鳳凰堂が目の前に。
uji7平安時代の後期に建立。約1年半の改修を終え、2014年4月から今の姿に。屋根の上の鳳凰が金色に輝いています。この鳳凰は一万円札の裏面に印刷されているんですよ~。


平等院鳳凰堂が作られたのは約1,000年前。当時、藤原道長は権力を握りながらも、悪夢にさいなまれ怨霊を恐れていました。そして地獄へ落ちたくない一心で息子の頼道にすべてを譲り、極楽往生の為の準備をはじめます。出家し、毎日念仏を唱える道長。しかし、災難は次々と起こり、愛する娘たちが亡くなり、本人も病によって死を迎えます。父の最期を目の当たりにした頼道は、自らもそのようにならない為に書物を読み答えを見つけます。そして極楽を作りだすことに専念、それが平等院誕生のきっかけとなったそうです。そのおかげか頼道は50代で亡くなった父に比べ、80代まで生きる事ができました。


本当なら、そんな極楽を表現した鳳凰堂、阿弥陀如来坐像を見てみたかったのですが、2時間半待ちの長蛇の列。仕方なく断念し、またいつか午前中に訪れてみようと思います。


その代わりといっては、何ですが鳳翔館を見学してきました。
uji6建物の外観もそうですが、内部もかなり上品でスマート。まるで近代ミュージアムです。展示は平等院の歴史から、宝物類など。コンピューターグラフィックを用いた映像展示などもあります。菩薩様はおひとりずつ表情が異なっていて、眺めているだけでも得を積んだ気に。有難い事だと呟く方もいらっしゃいました。


その後、庭園をゆったりと散策。全部見て回って約一時間くらいかな?全体的に観光客は程よい多さで、巡るには丁度よかったと思います。昨年の改修直後だと大変だったかも?お手洗いも混雑しておらず、綺麗でした。


平等院を後にし、お待ちかねのスイーツタイムです。
何にしようか迷ったのですが・・・やっぱり抹茶ソフトでしょう(笑)
masudauji10こちらは平等院正門前の「ますだ茶舗」さんの「抹茶ソフトクリーム」¥300
日本一の御茶師による厳選されたひき立てのお抹茶がかかっています。甘い抹茶アイスに抹茶の苦みが程よく、大人美味しいです♪いつもは行列が出来ているらしいのですが、誰も居なくて、すんなり買う事ができました。店舗内の椅子にどうぞ、と案内されて座ってみると、私の後には、やっぱり行列(笑)最近ホントに人を呼んでしまう私です。


その後、ふと足を止めた泉園茶舗さんで、お土産をお買いもの。
izumien現在15代目店主さんが経営されている老舗のお店です。「お客様との “ご縁” と “絆” を大切にいたしたく百貨店、駅売店などでは販売しない」との事。ここでしか手に入らないお茶なんですよ。今回は「茶団子」と「抹茶の里」、お徳用の「ほうじ茶」を買ってみました。ほうじ茶が大好きなので嬉しくて♪まだ飲んでいませんが楽しみです。

※追記
泉園茶舗さんのほうじ茶を頂きました。茶葉を炒った香りが芳ばしく、お茶色は薄めの美味しいほうじ茶でした。職場にもステンレスボトルに熱いほうじ茶を入れて持って行ってますが、会社のデスクでボトルの蓋をあけると、ほうじ茶の良い香りが漂い、忙しい業務でもほっこり出来ます♪オススメですよ~♪


他にも魅力的なお店がたくさん。和スイーツを楽しみたい方にはぴったりの街ですね。また、宇治のこの地域には、他にも宇治上神社、源氏物語ミュージアムと様々あるので、紅葉の季節にまたゆっくりと訪れたいと思いました。

平等院
所在地:京都府宇治市宇治蓮華116
時間:AM 8:30 ~ PM 5:30
拝観料600円 鳳凰堂内部拝観は別途300円
京都府宇治市宇治蓮華116
ますだ茶舗
所在地:京都府宇治市宇治蓮華21-3
時間:AM 8:00 ~ PM 6:00
京都府宇治市宇治蓮華21-3
泉園茶舗
所在地:京都府宇治市宇治蓮華24
時間:AM 9:00 ~ PM 5:30
京都府宇治市宇治蓮華24

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top