京都ゆるりさんぽ

京都のグルメ・スイーツ・お散歩エリアなど、京都の楽しいことを探しています。

ちょっと京都。 和スイーツ。

京都五花街・上七軒散策 天神堂の焼きもち

投稿日:2015年1月28日 更新日:

スポンサーリンク

先日、北野天満宮にお参り行った際に、上七軒をぶらりと散策。
kamishitiken1

上七軒は祇園甲部・宮川町・祇園東・先斗町と共に京都五花街と呼ばれています。室町時代に北野天満宮の修復工事の残った木材で茶屋を始めたのがきっかけで、花街の中では一番の古株です。西陣織が最も盛んだった頃は夕方近くになると、西陣の旦那や店の番頭らが酒場でお酒を軽くひっかけ、夜の上七軒へ繰り出すといった光景がよく見られたとか。西陣織の斜陽とともに、静かになっていったそうです。

kamishitiken2
祇園の雰囲気に似た街並みです。

kamishitiken4
有名な京菓子司「老松」。繊細で美しい京菓子で有名。嵐山にも店舗がありますね。また、京菓子づくり体験も出来るそうですよ。

kamishitiken5

京つけもの「もり」。千枚漬けが有名です。

スポンサーリンク

他にも京料理店、レトロな欧風料理店、クラシカルなケーキショップ「GRACE SAISON」、がまぐちのお店「まつひろ」等の和雑貨店など、店舗が様々立ち並んでいます。祇園街だと人が多く歩きづらかったりしますが、こちらは清閑な雰囲気で落ち着いて歩く事ができます。夜だとまた雰囲気が変わるのかも知れないですが、、、おしゃれな町家バー等もあるみたいですよ。

それでも気になるのは、やっぱり甘いもの(笑)
北野天満宮の東門を出て、まず目に入ってきたのが「やきもち」の暖簾でした。
kamishitiken3

京銘菓 やきもち『天神堂』
創業55年の老舗の焼きもち屋さん。飾り気のない暖簾が職人気質を感じさせます。

焼きもち・六方焼き・みかさなどが店頭に並んでいました。焼きもちが美味しそうに並んでいて、すぐに食べてみたかったのですが、長五郎餅を茶屋で頂いた後だったので食べられず・・・焼きもちと六方焼きをお持ち帰りにしてみました。
kamishitiken6

レンジで20秒程度温めてみました。すると、香ばしくてとっても良い匂いが♪
焼きもちを割ってみると餡子がたっぷり。まるで「きんつば」みたい。薄皮はもっちりとしており、餡子も丁度良い甘さで美味しかったです♪これで1個100円はお買い得ですね。六方焼きも同じく餡子がたっぷり。表面が小麦なので回転焼きの薄皮ものって感じでした。こちらも美味しいんですが、もっちり香ばしい焼きもちが印象深くて。私的には焼きもちがオススメかな?

今ではひそやかで上品な雰囲気の上七軒。落ち着いた散歩を好まれる方には、良い散策コースになるのではないでしょうか?

京銘菓 やきもち『天神堂』

所在地:京都市上京区今出川通御前通東入社家長屋町687番地
時間:10時頃~19時頃(売切まで)

京都市上京区社家長屋町687番地

スポンサーリンク

-ちょっと京都。, 和スイーツ。

執筆者:

関連記事

一望館6

京丹後の旅へ その2♪ 夕日が浦温泉 一望館

スポンサーリンク 昨年ですが、京丹後地方を旅してきました。車でキレイな海辺をドライブ。日本夕日100選に選ばれた「夕日が浦」で美味しい食事と温泉を堪能☆とっても楽しかったのでオススメですよ♪ ●京丹後 …

グルテンフリーが嬉しい!あんスイーツの専門店 都松庵(としょうあん)

スポンサーリンク 以前から気になっていた、あんスイーツの専門店。都松庵(としょうあん)さん。 小麦粉を使わないスイーツを揃えておられるとか。グルテンフリーが気になるこの頃。お店の存在がとても気になって …

京都の桜 南禅寺・インクライン

スポンサーリンク 毎年桜の季節には京都の名所を巡っています。四条木屋町の桜や祇園界の桜、哲学の道など京都のまちを散策するなど。忘れないようここにも記録しておきます。 今年は南禅寺・インクラインを散策し …

秋のゆるりさんぽ 白川をぶらり フレンチレストランやカフェを発見

スポンサーリンク 平安神宮を後にし、白川沿いをゆったりとぶらり歩き。緩やかな白川が流れる先は、華やかな祇園街。映画やドラマの舞台として登場する、巽橋(たつみ)橋も白川に掛かる橋なんですよ~。そんな白川 …

京都・北野天満宮の甘味と言えば長五郎餅!秀吉の愛した老舗和スイーツ長五郎餅本舗 

スポンサーリンク 北野天満宮での参拝後、和スイーツを堪能してきました♪ 長五郎餅です☆ 天正15(1587)年に開かれた北野大茶会の際に用いられたという、由緒正しき和スイーツ。400年以上の歴史があり …