Read Article

秋のゆるりさんぽ 平安神宮神苑へ

前回をご覧になりたい方は下記へ
秋のゆるりさんぽ 平安神宮へ

さて、いよいよ神苑に入ります。
時間もギリギリだったせいか、観光客はまばら。静かに神苑を巡る事ができました。

神苑内は沢山の木々がありました。季節になるとそれぞれ桜や萩、楓など美しい風景がみられそうです。紅葉にはまだ早い9月。新緑とは違った緑に癒されます。
heian10生命力を強く感じる枝に、青々とした苔。


ゆったりとした気分で巡っていると、電車を見つけました。
heian11日本最初の電車です。琵琶湖疏水の水力発電を動力として、明治時代に造られたそうです。同じ時期に平安神宮が創建された縁で、展示をされているとか。電車好きな方にはとってもレアな電車ではないでしょうか?自然と同調しながらも、当時の人々のパワーが宿っているようで、懐かしさとプライドが感じられる電車です。


神苑内には、こんな場所も。
heian12蒼龍池にある、臥龍橋です。「龍の背にのって、池に映る空の雲間を舞うかのような気分を味わっていただく」といった造り手の想いがあるそうで。ひとつひとつ石を跨いで通ってみたくもなったのですが、なにせ運動不足。落ちたら自己責任(笑)なので、やめておきました。
  

heian13のんびりと落ち着いた光景が広がる世界。


最後に訪れた泰平閣。
heian14屋根つきの橋で、両端に腰をかけられる椅子があります。座って景色を眺めると、奥行きのある風景が広がります。
heian15池には大きな鯉やカメ等がいて、優雅に泳いでいます。そんな風景を眺めながら、歩き疲れた足をリフレッシュ。この季節は涼やかな風が肌をかすめて、とても心地よかったです。


神苑を見終えて平安神宮境内に入ると、夕暮れに。およそ30分位の散策でしたが、ゆったりと喧騒を忘れさせてくれる優雅な時間でした。後で、この記事をUPする際に調べて気付いたのは、神苑無料公開は6月と9月の年2回限定だったって事。偶然ではありますが、特別な日にお出掛け出来て本当に幸せでした♪


平安神宮を後にし、そのまま白川通りをぶらり歩き。次の記事へ続きます。
秋のゆるりさんぽ 白川

平安神宮
所在地:京都市左京区岡崎西天王町97
駐車場:なし
拝観無料
京都市左京区岡崎西天王町97
☆神苑の拝観料金は大人600円、子供300円です。時間も季節によって異なりますので、ご注意を。
3月1日~3月14日  午前8時30分~午後5時
3月15日~9月30日  午前8時30分~午後5時30分
10月1日~10月31日 午前8時30分~午後5時
11月1日~2月末日  午前8時30分~午後4時30分

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top