Read Article

やっぱり苦手な胃カメラ検査

scale-403585_640今日は、年に一度の健康診断。スイーツ好きな私はこの日まで、ちょっとした糖質制限生活☆だって、ちょっとでも結果を良くしたいですもんね(笑)微々たる抵抗なのは解ってるんですけどw

そうそう、今年は胃カメラで検査したんです。以前調子が悪くて、一度専門医で検査した事があったんですが、胃カメラはやっぱり苦手ですね。。。思い出すだけで、恐怖感が。最近は鼻から入れる内視鏡検査もあるらしいので、そちらの方が体の負担が少なくていいらしいですよ♪

そんなこんなで、検査の為に2日前から食事の消化を良くするお薬を毎食後飲んで、体調を整えました。睡眠は「世界バレー」見たさに、調整が無理でしたけどね。ドキドキしながら当日を迎えました。

今回受診したのは、会社指定のクリニック。四条烏丸の一等地にあり、アクセスも楽チン。これまで色んな会社で健康診断してきたけれど、設備も整っているし、綺麗で丁寧な対応なので安心出来るクリニックです。

そちらで一通りの検診を受けます。身長・体重・視覚・聴覚・心電図・採血・胸部レントゲン等。最後に問診を受ける流れなのですが、時間の都合で一番先に問診でした。例年、待合室でかなり待たされるのですが、空腹なので結構辛い(笑)。今回はお昼に近い時間帯の検査開始だった為、受診者が少なくて早く問診を受けられました。

その後、身長・体重・血圧検査といつもの流れだったのですが、いきなり内視鏡検査の部屋の前へ。えっいきなり?って感じで検査の説明を受けることに。心の準備が出来ていたかったので、ソワソワし始める私(笑)看護師さんが「女性の先生で、上手だからチカラを抜いていれば大丈夫」とおっしゃるんですが、落ち着かない(笑)口に含んだ麻酔のゼリーシャーベットのようなものが気持ち悪くて、既にリバースしそうに。。。(汚い話でごめんなさい。)そのうち、唾液を飲み込むのもしんどくなってきて。そのゼリー麻酔?を何とか全部飲み込んだ後、検査開始となりました。

診察台に寝転がり、まずは採血。その後、リラックスする為のお薬を注射されます。この頃になると、喉の奥は麻酔が効いて感覚が無くなっていました。さらにこの注射で頭がぼうーっとなり、体を横を向かされます。口にマウスピースをはめられ、いよいよカメラが口から入って行きます。太さは直径1cmくらいかな?ホースが入ってく~っ!見ちゃうとダメですね。。。力を抜いたつもりなのですが、体は言う事を利かないらしく(笑)看護師さんが背中を優しくさすって下さるのが、すごくありがたかったです。

そうして数分、カメラとの戦い(笑)やっぱりコレ苦手だ、と確信。もうこうなったら、違う事考えるしかないって思って、お気に入りの歌を頭で歌いながら、やり過ごしました。そしたら意外と耐えられましたよ!考えないのが一番みたいです♪

そうして、やっとカメラ検査も終り。看護師さんがフラフラする私を支えながら、点滴室へ移動。しばらくそこで寝て休むことに。たぶん30分くらいは寝てたかな?朦朧としてて解らなかったけど、起きて時間を見て驚きました(笑)その後、再度問診があり、結果は特に問題なく少し荒れは見られるけど、一般的なモノとの事でひと安心でした。はぁ~良かった。以前の検査では逆流性食道炎も言われていたのでね。検査する事で安心できました。

その後、残りの検査を難なく受けて終了。10:45スタートで13:30まで時間がかかってました。胃カメラの検査を受けると、その後麻酔が切れるまで体を休めないといけないので、仕方ないですね。お休みを頂いてほんと良かった。

後は、後日送られてくる検査結果だけ。何もなければいいなぁとは思いながら、そんな心配をよそに、飲まず食わずの私は、真っ先に何を食べよう♪と考えてましたけど(笑)

年に一回の検査、大事だと思います。怖いけど、しっかり受けて行きましょう♪

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top