Read Article

親知らずの抜歯記録1 抜歯を決意~口腔外科予約

先日オルビスのプチシェイク記事で、親知らずのことを書きましたが、抜歯経過等を備忘録代わりに、書き残すことにしました。今後、再び親知らずを抜く可能性もあるのでw参考程度にご覧いただければと思います♪

抜歯後の食事、オルビスプチシェイク。気になる方は下記からどうぞ☆
オルビス プチシェイクが大活躍♪

colgate-88030_640

親知らずの抜歯を決意!
親知らず、いつかは抜かなきゃ~なんて思っていたのですが・・・
とうとう抜歯を決意!


それというのも5月のGWに、親知らずの周辺歯茎がシクシク腫れて、炎症をおこしたんです。また炎症しちゃった~!でも今回は結構痛い(汗)


かかりつけの歯科がGW中はお休みだった為、GW明けに診察へ。


義眼技工士(義眼をつくる人)さんオススメの歯科で、もう10年位お世話になっているかな?虫歯はしばらく出来ていなかったので、歯石取り程度の通い方でした。場所は有名ホテルの地下にあり、清潔感のある歯科です。ホテルの歯科ですが、料金も良心的なものですし、先生はフランクで優しい方。私のお気に入りの歯医者さんです。


以前から、親知らずの事を先生に相談していて。いつかは抜いたほうが良いけど、炎症が無ければ問題ないし、と現状維持を貫いていたのですが・・・


私の親知らず、右下は横倒しの状態で、まだ歯茎の中で眠っています。今のところ大人しくしてくれているので、問題は左下です☆斜めに生えて、上部が少し歯茎からコンニチワしてます(笑)その為に、歯茎に汚れやプラークが付くらしく、痛い炎症を繰り返す。「このままだと虫歯にもなるよ」と言われ、ビビる私。親知らずが虫歯になってしまうと、抜くのが困難と聞いていたので。でも抜くのはなぁ・・・


先生は「何度も炎症を繰り返すなら、抜いたほうが良いですね~。ただ抜くとなると、歯茎を切開して、骨を削らないと。歯科では無理なので口腔外科に行くことになります。紹介状を書きますけど、抜きますか?」との事。いつ抜くかの日程は自由と言われ、私は「今すぐ判断出来ないので、とりあえず紹介状を。」とお願いしました。


私はこの時「念の為、紹介状を貰うだけ。痛みが治まったら、もう少し先でもいいかな?」と軽く考えていました。それだけ親知らずを抜くのが怖かったんですもん。


だけど、歯茎の腫れが引いてきて、親知らずをじっくり鏡で見たところ・・・うわ、歯茎周りが茶色になってる・・・。歯科では「虫歯かもしれないけど」って診断だったんです。だいぶ歯茎が腫れていたので、見えにくかったのかな?虫歯の痛みは無いのですが、歯茎周りの所が茶色く変色していて、すぐにも痛い虫歯になりそう!それに口臭もするのでは?と気になり始め・・・泣く泣く、抜歯を決意しました。


思い立って早速、紹介していただいた口腔外科さんに電話で予約。しかし予約は早くても6月2日以降になるとのこと!(予約電話したのは5月中旬)私の予定では金曜日に抜歯、土日で養生するつもりだったのに、その金曜は人気のようで、6月20日以降と言われ。1か月近く放置は無理!と判断し、仕事に差しさわりなさそうな平日を選んで、有給休暇2日をいただくことにしました。


お電話の予約窓口の方は、とっても丁寧な対応でちょっと安心しました。予約の電話で病院の評価というか、状態が現れますよね。その点では好印象。期待って言うと変ですが、何しろ初めての口腔外科。とっても緊張しそうなので、対応が良いところが望ましいですよね。


あとは、当日までカウントダウンです。体調を整え、周囲からは「しばらく硬いものが食べられないし、食べたいモノをしっかり食べておきなさい」って言われて、好きなものを食べていました。やや食べ過ぎ傾向もあったかも(笑)


そして当日。自分でもちょっと甘く考えていたかな・・・と思う結果に。
続きは抜歯オペの記事でお話します☆
親知らずの抜歯記録2 抜歯当日~抜歯~帰宅まで

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top