Read Article

祇園祭2016 後祭とグルメ その1

gion2016.45祇園祭・先祭が終わったら、京都の町は、はんなりとした後祭に変わります。観光客も先祭に比べると少し減って、山鉾を見回るにはちょうど良い具合です。「意味のない事、役に立たない事」といった意味で使われる「あとの祭り」、これも祇園祭の後祭から派生したという説もあるそうで。「派手さがない後祭は、見物しても仕方ない」と言われた事からだそうです。京都に住む私にしてみると、賑やかな先祭も良いものだけど、しっとりとした後祭は、より祇園祭を堪能できる素敵だなお祭りだと思えます。


さてさて、それでは四条新町をスタート!
まずは先祭・宵山に頂いた「いち」さんのハモカツバーガー(¥500)
gion2016.30宵山の際はお店の前に「放下鉾」が建っていたので、足を止めると渋滞してしまうせいか、行列が少なかったのですが、今日後祭・宵々山では行列を作っていました。数人ですのでそれほど待つ事ないかも。
gion2016.31こちらのハモカツバーガーは、ハモのサクサクフライとしば漬けタルタルソースが美味しくて♪この日も買ってしまいそうになりましたw



そのまま、新町通りを北上していくと、見えてくるのが「南観音山」です。
gion2016.32gion2016.33見事な刺繍のお飾りです。「下り観音山」とも呼ばれ、後の祭の山鉾巡行の殿(しんがり)をつとめる曳山だったそうですが、前祭・後祭が合併してからは巡行自体の殿をつとめることになったそうです。山の前では、小さなお子さんが歌を歌ってお祭りを盛り上げていましたよ。

この新町通には「くろちく」グループのお店が多くあり、京町家の雰囲気をもつ「百足屋」さんもそのひとつ。
gion2016.34祇園祭限定の「納涼御前(¥1,800)」や「鱧の天ぷらとそうめん(¥1,300)」が、お二階でいただけるようです。
gion2016.35この時期うれしい「特製かき氷」も!ふわふわの氷みたい☆宇治みるく金時や黒糖みるく、白桃、みるく金時(¥700)。京都らしいかき氷だし、ちょっと贅沢してみても良さそうですね♪



次に新町通を蛸薬師を東へ。室町通りに入りました。おととい来店した、京佃煮と京菓子の老舗「永楽堂」さんの前を通ると「水あずき(¥350)」を求めるお客さんが。
gion2016.36、水ようかんを飲んでいるような食感の和ドリンク♪おとといは誰もいなかったので、すんなり買えましたが・・・
gion2016.37人気のようですね♪
   

その「永楽堂」さんの近くにあるのが「鯉山」です。「鯉山」の粽やお守りなどの販売は仮設テントでなく、京町家でされています。
gion2016.38町家に繋がる廊下を入っていきます。進んで行くと、少し行列していました。
gion2016.39そして黒塗りの立派な蔵が。蔵の前にはご朱印が置いてありました。最近ご朱印を集めていらっしゃる方が多いようで、私もちょっと気になっています。かわいいの探してみようかしら。

そして鰻の寝床のような町家の奥へ進むと、ご神体が。手を合わせのに皆さん順番に並んでおられます。
gion2016.41
さらにお部屋の壁側には鯉山を飾るタペストリーが見事に飾られていました。伊達政宗が欧州に派遣した支倉常長がローマ法王から授かったという説もあるとか。
gion2016.42中国の「登龍門」の故事を題材に難関突破・出世開運など人々の成功と繁栄を願って作られたのが「鯉山」。お参りされる方が多いのもうなずけます。御神体の鯉は全長1メートル50に及ぶ木彫の見事なもので、江戸初期の名工左甚五郎作と伝えられ、素材が1650年頃の檜だそうです。

gion2016.40粽販売の方は笑顔で対応されてましたよ。ご利益がありますように☆御守も人気だそうです。


「鯉山」の近くには、美しい鯉のタペストリーが!
gion2016.46描かれた鯉の中から、「金の鯉」を5匹見つけられたら、今年の運勢が良くなるそう。私は3匹しか見つけられませんでしたが・・・ぜひ探してみてくださいね♪

さらに北へ向かって歩いていると、京都市が運営する「冷たいお茶の無料サービス」がありました。
gion2016.43リユース食器を使ったサービス。喉が渇いた外国人の方も、喜んで頂いていましたよ~。エコ屋台村の休憩所として「風呂敷専門店・唐草屋前」に用意されているようです。


そのまま室町通を進むと「黒主山」が。
gion2016.44囲いの木枠が黒塗りで重厚な感じのする山です。黒主山は、古今和歌集の「六歌仙」に数えられる歌人、大友黒主とされる像が御神体。謡曲「志賀」を題材に、満開の桜を見上げる様子を模したと伝わっています。それゆえに山の上には桜の木があるんですね~。季節はずれなので、何故?と見上げてしまいましたw
gion2016.46


まだまだ、続きます☆長くなりそうなので次の記事へ

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top