京都ゆるりさんぽ

京都のグルメ・スイーツ・お散歩エリアなど、京都の楽しいことを探しています。

ゆるりごと。

知っていますか?進化する女性専用サービス。

投稿日:2014年5月24日 更新日:

スポンサーリンク

ダリア
男女平等って言うくせに~って言われそうだけど、女性からみると女性専用って嬉しいものです♪最近は色んな女性専用エリアやサービスが増えてますよね。そんな情報をちょこっとご紹介♪

たとえば、ネットカフェ。「快活CLUB」では女性専用エリアがあり、とっても快適。エリア内に入るには専用のカードキーを使います。セキュリティもしっかりしてて安心ですね♪

内装は白を基調とした明るい空間。個室はバリの自然をイメージした「ナチュラル」、贅沢エステ空間をイメージした「エレガンス」、カワイイのがとにかく良い!って方には「スイート」と3種類のスタイルがあり、気分によって選べるのがイイですね!

また、個室内にはLEDライト付きのミラーやネイルが長くても使いやすいキーボードがあったり、フロントで無料貸出のナノケアスチーマーやヘヤアイロン、ルルドなんかも利用できます。購入前に一度使用してみたいと思っていたのでお試し感覚で使えるのが嬉しい。他にもカフェメニューも揃っていて至れり尽くせり。ついつい長居してしまいそうです。

これで料金は通常と同じ。女性客がサービス前より2倍以上に増えているのも頷けますよね♪

スポンサーリンク

次にトイレ。女性にとってはメイク直しがゆっくり出来てキレイなお手洗いが嬉しいのですが、最近はトイレと思えない程進化しています。中でも大阪梅田のLUCUA4階のレストルームは朝日も差し込む清々しい雰囲気。緑のグリーンも置かれていて爽やかです。メイク直しのミラーや、椅子付きパウダースペース6席(三面鏡付)があったりととても充実しています。リラックスとキレイをコンセプトに作られているそうで素敵なレストルームです。

また天王寺MIOの7階は可愛くポップでオシャレなレストルーム。巨大な三面鏡が一面に張られ、中央には木を模したソファーがあります。アロマも焚かれていて良い香り。授乳室もあるのでママさんにも喜ばれますよね。

グランフロントの南館3階のレストルームはまるでモデルルームのようなスペース。とてもトイレと思えません。ソファーの向かい側には夜景が望めます。また自販機もあってドリンクも手に入るのでちょっと休憩って時にも良いですね。男性の目もありませんしリラックス出来そうだし。その自販機の奥にはラタンソファーのパウダースペースが4席。大きなミラーと仕切りの白いカーテンがラグジュアリー感を醸し出しています。その奥にやっと個室トイレのスペースが。広めの個室が5つあって、個室内にはフィッティッグボードもあり着替えまで出来ます♪女子の気持ちを知りつくしたレストルームですね。

トイレって女性にとってはそのお店や百貨店の基準を決める部分でもありますから、よりチカラが入っているのかも知れませんね。

さまざまな女性専用がありますが、今後もこういったサービスやエリアが増えると嬉しいですね~♪
また新しい情報を見つけたらレポします!

スポンサーリンク

-ゆるりごと。
-, , ,

執筆者:


  1. Ione より:

    Articles like these put the consumer in the driver seat-very imrpotant.

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

親知らずの抜歯記録2 抜歯当日~抜歯~帰宅まで

スポンサーリンク ●抜歯を決意~口腔外科予約、は下記からどうぞ☆ 親知らずの抜歯記録1 抜歯当日 ようやく抜歯当日。抜歯の事を気にしながら半月生活してきました。抜歯経験のある人から「大丈夫。麻酔効いて …

ドライアイ・眼精疲労の時はあずきのチカラで

スポンサーリンク 乾燥する季節、お肌も乾燥してかさついたりしますが、私が気になるのは目。数年前に診断を受けたのですが、ドライアイなんです。。。10秒も瞬きせずにはいられなくて。ドライアイ用の目薬を愛用 …

親知らずの抜歯記録5 抜歯から半年後

スポンサーリンク 京都での暮らしや自分の感覚で綴り続けてきたブログも、気が付けば半年を過ぎていました。美味しいものだったり、目にしたものを備忘録代わりに書いているんですが、意外な事を発見!6月に受けた …

2015 新春

スポンサーリンク 新年明けましておめでとうございます。 今年は新年早々の雪で、京都では58年ぶり歴代3位となる積雪量との事。夜、窓の外を見れば雪国のような吹雪で、あっと言う間に15㎝以上は雪が積もって …

白夜行

スポンサーリンク 東野圭吾さんのベストセラー小説。2011年に映画化。映画が放映になった頃にも注目していましたが、なかなか観る機会が無くて。一度観てみたかった映画なんですよね。皆さんはもうすでに一度は …