Read Article

節約買い物術

pastels-266941_640
4月からの消費増税。これまでの日常よりも多く払ってるなぁとしみじみ感じ始めた今日この頃。ちょっとでも節約しなきゃと考えていた私にピッタリの情報が!

日曜日朝に放送している「所さんの目がテン!」。いつも私の気になるコトを調べてくれる番組です。
消費者心理に詳しい専門家によると人は自分が使った金額を把握していないコトが多いらしいです。無駄な出費ならないように「いくら使ったか?」それを認識することで節約に繋がるそう。ではその為に何をするか?ですが・・・

実験①レコーディングショピング!
先頃流行したレコーディングダイエットと同じ要領でお買いものを毎日記録していくレコーディングショッピング。ですがノート等に日々記録するのは大変。それを手軽にするために携帯電話でレシートを撮影していくんです!撮影する時はレシートの金額を声に出しながら。

すると不思議!実験に参加していた方たちが小額ですが節約出来ていたんです。

何気なく買っていたお菓子やお買い得商品を買わなくなったり、商品の内容量を見ながらどっちがお得か?なんて比較まで始めるように。小さな変化ですが金額をはっきりと意識しているんですね。
買い物を記録してどれだけ使ったかを把握し、遣い過ぎに気付く。そうすることで節約の意識が生まれるそうです。確かに意識改革されそう!

実験②限定商品の卵を大量買い
数量期間限定。今しか無い、他では無いという魅力に吸い寄せられる人も多いはず。今回は卵の値札に「限定100個パック」と書いて実験。すると卵なのにまとめ買いをする人が続出。買い物かごに続々と卵が入っていきます。何パックでも良いとつい多めに買ってしまう様子。卵を10パックも買って何に使うのか?疑問だけど。

これは「コモディティ理論」というそうで、限定という言葉は手に入れにくい商品であるという感覚を持たせ、購買意欲を引き揚げて心理的魅力度をUPさせるようです。ついつい買っちゃうのもコレなんですね。気をつけなきゃ~!

実験③ポイントカードはお得?
たくさんお財布に入っているポイントカード。街頭インタビューでは一人平均12.5枚。お財布パンパンの人も。そこで回転すしの店舗にてポイントカードの実験。10皿食べるとポイント付与というサービスを行うと無意識のうちに皆さん10皿単位で食べていました。普段のポイント付与が無い状態だと平均7皿程度なんですが・・・一日の統計結果は一人当たり0.5皿多く食べるという結果でした。

このような現象は目標に向かって動く心理「ゴールフレーミング」といい、一見お得に思えるポイントカードですが上手く使わないと逆に出費が増える状態に。ポイント付与の為に追加購入したり、まとめ注文することによって割引を受けようとしてしまう。お得感覚って楽しいですよね。何故か達成感があったりして。今後は出費が多くならないように気をつけたいなと思います。


消費増税で無駄遣いを改めていこうと感じていた時に、こうして教えてくれる番組って助かりますね。ただ節約ばかりの生活は私にはストレスになってしまうので、ほどほどに参考にしたいなと思います。そして頑張って日々節約できた暁には旅行に行けるようにしたいな♪今日からゆるっとがんばろうっと。


URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top